• 勉強ばかりしてないでたまには遊びなさいと言われた

    僕は大学2年の男子です。私立ですけど、一応名前の通った大学に通っており、それほど成績も悪くないと思っています。僕が今の大学に入る切っ掛けとなったのは、まぁただ単に学歴というものを気にしてということもありますが、その他にもう一つ理由があります。それは、僕がライフワークとして専攻している哲学について有名な教授が居たからです。

    新規開校・移転スクール案内|パソコン教室ならパソコンスクールWin

    大学に入ってからというもの、ライフワークと学校での学問が同じものになりましたので、毎日の勉強が楽しくて仕方がありません。2回生になった今でも、授業の復習は欠かさず行っていますし、家では教科書や興味のある哲学書を読んで過ごす日々を送っています。



    ですが、最近私の両親からちょっと勉強をしすぎだという指摘を受けてしまいました。私自身は好きでやっていますし、親も子供が勉強する姿は好ましいものだと世間的なイメージからもそう思ってしまいましたので、なんの悪気もなくただただ好きな勉強をやっていただけでした。その指摘の具体的な内容としては、勉強ばかりしていないでたまには遊びなさい、遊ばないと人間としての幅が広がらないというものです。遊びは芸の足しになるだなんてのは芸人だけのことだと思っていましたので、まさか両親からそんな言葉をかけられるとは思っても見ませんでした。

    静岡県立浜松工業高等学校 定時制の課程 TOPページ

    大学には色んな人間がおりますので、イベントサークルなどで遊び回っている人達を多く見かけます。同じ学部の人間であってもそうです。そのような人達の人間の幅は広いとは思いませんが、哲学的な意味では遊びというものが僕にとって新たな智恵を与えてくれるかもしれませんので、たまには親の言うとおりに遊びで旅行にでも行こうかと思います。